自動車と公共交通機関、旅行や帰省時の移動手段はどちらを使うべき?

旅行や帰省の時に自動車を使うメリットとデメリット

旅行や帰省といった長距離移動に自動車を使う最大のメリットは自分のペースで予定が立てられることです。飛行機などの公共交通機関には時刻表があるため、それに合わせて事前に予定を組む必要があります。一方、自動車移動なら自分の出発したい時に出発できるので、電車の動いていないような深夜や早朝でも移動することができます。そのため日中の時間を最大限、観光や家族とのふれあいに使うことができます。

車移動をする際の最大の欠点は渋滞や事故に巻き込まれることです。ゴールデンウィークや正月は多くの人が出かけるため、普段より車の量が増え、渋滞や事故が起こりやすくなります。また、見落とされがちですが1人で移動する場合、ガソリン代や高速代を計算すると新幹線や飛行機の運賃よりも高くついてしまうこともあります。

旅行や帰省に公共交通機関を使うメリットとデメリット

旅行や帰省に公共交通機関を使う最大のメリットは渋滞や事故に巻き込まれないことです。移動手段として自動車を選択した場合、多くの人が移動する時期や時間に一緒に行動すると、事故や渋滞に巻き込まれる可能性が高くなりますが、電車や飛行機などの公共交通機関を使えば渋滞を気にせず移動ができます。さらに、自分は乗っているだけでいいので読書や睡眠など移動時間を有効活用できます。

移動に公共交通機関を使う欠点は多客期の場合、料金が高いことです。自動車移動であれば、ガソリン代などを全員で負担すれば一人一人の負担を少なくすることができますが、公共交通機関の場合は人数分の座席が必要なため、自動車を使って複数人で移動するときより高くなってしまいます。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です